ケチケチせずに太客になったほうが楽しく遊べる

「風俗嬢とただの客の関係で終わっても良い」と考えている人には関係ない話ですが、さらに踏み込んだ方が新たな楽しみ方を見つけることができます。 その一線を超える1つのが「あなたはお店にとってどういう存在なのか」です。  慣れてきたのであれば、自分がそのお店でそこそこの「太客」である事をお店に知らしめる必要があります。 「太客」とは、そこそこもしくはそれ以上のお金を払ってくれるお客様のことです。お店の裏では、誰がどれだけのお金を払ってくれているかのランキングの様なリストを作っているところが最近増えてきています。 太客になれる基準はお店によってよりけりですが、逆にケチケチした遊びをするお客のことを「細客」という部類に入れられてしまいます。吉原の風俗で遊んでみませんか。

細客という認識をされてしまった以上、サービスは最低限になってしまいます。  逆に、お金を払ってくれるランキング上位の方達はとてもお店側から重宝され、一層良いサービスを心がけてくれるようになります。怖いですね(笑)払うお金の量によってサービスが変わってくるのです。そこまで考えない人には良いのですが、楽しむポイントを増やすにはケチケチした遊びはよろしくないということです。

器の大きさを見せつける

風俗嬢と、お店の外で関係を持ちたい、と考える男性は多いでしょう。当然ですよね。しかし、風俗嬢にお店の外で会ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?それには先ほども申し上げたとおり、まず何よりもまずはお店や風俗嬢から「この人は太客だ」っと思ってもらわないことには始まりません。金払いが良く、器の大きいところを何度か見せていれば風俗嬢からも大事にしてもらえるでしょう。しかし、それだけで風俗嬢に「店外で会ってくれ」などと迫っては、「これだけ金を落としてるんだからタダでやらせろ」と言っているようなものです。風俗嬢といえど、みんな普通の女の子ですから、やはり仕事以外で男性に会うとなると、多少は好意を持っている人でないと会いたくないに決まっています。それには、風俗嬢を落とすための正しい会話術を駆使しなければなりません。それには、「からかう」と「褒める」、この2点に徹してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です