「風俗嬢とただの客の関係で終わっても良い」と考えている人には関係ない話ですが、さらに踏み込んだ方が新たな楽しみ方を見つけることができます。 その一線を超える1つのが「あなたはお店にとってどういう存在なのか」です。  慣れてきたのであれば、自分がそのお店でそこそこの「太客」である事をお店に知らしめる必要があります。 「太客」とは、そこそこもしくはそれ以上のお金を払ってくれるお客様のことです。お店の裏では、誰がどれだけのお金を払ってくれているかのランキングの様なリストを作っているところが最近増えてきています。 太客になれる基準はお店によってよりけりですが、逆にケチケチした遊びをするお客のことを「細客」という部類に入れられてしまいます。吉原の風俗で遊んでみませんか。

細客という認識をされてしまった以上、サービスは最低限になってしまいます。  逆に、お金を払ってくれるランキング上位の方達はとてもお店側から重宝され、一層良いサービスを心がけてくれるようになります。怖いですね(笑)払うお金の量によってサービスが変わってくるのです。そこまで考えない人には良いのですが、楽しむポイントを増やすにはケチケチした遊びはよろしくないということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です