さわやかな下ネタとうっとうしい下ネタ

デリヘルやソープに行くと、女の子との話題を作るため、そして何よりその場の雰囲気を盛り上げるために普段は口にしないような人も思わず下ネタを言い出すことがあると思います。 下ネタにも種類があり、「さわやかな下ネタ」と「うっとうしい下ネタ」の二つがあります。ちなみに僕の経験上、さわやかに下ネタが言えるかどうかでその人の性格はだいぶわかります(笑)女性を前に下ネタを言うと、乗ってくれる場合と引かれてしまうときがあります。たいていの女性はさわやかな下ネタなら乗ってくれるのですが、 うっとうしい下ネタには誰もノッてきてはくれません。なにより、その下ネタを発した瞬間でその人がどんな人なのかがバレてしまいます。下ネタは一言でその人を身ぐるみすべて剥いでしまうようなものなので、慎重に発していきたいところです。

初心者の方ですと、下ネタを言うことに対して恥ずかしく感じることがよくあります。 特に、女性経験がなかったり他人と話すことが苦手な方に多いですね。そんな人は、 恥ずかしくなってしまうようならば無理して言わない方が賢明です。 恥ずかしがってしまうと聞いている方も恥ずかしい雰囲気になりますし、フォローする方もかなり大変なので、恥ずかしがるくらいなら言わないようにしましょう。笑いにならないのであれば無理して下ネタを話す必要はありません。

だからといって、下ネタを話すなということではありません。男性も女性も少なからずエッチなことを話すのは嫌いではありません。下ネタを軽く言い合うことでなんだか少しお互い話しやすくなりませんか?初対面では切り出しにくいですが、ちょっと下ネタを吹っかけたら少し話しやすくなったみたいな経験ってありますよね。うっとうしい下ネタとさわやかな下ネタの線引きの仕方は、女性にとって「恥ずかしいけれど答えられるかどうか」といったところでしょうか。さりげないのが一番です。話の中でスムーズに進めるくらいが良いですね。

イヤイヤでなく、喜んで誘いにのってもらうには

お水の仕事や風俗の仕事が長い女の子は、お店の外で会いたいと誘えば、1回は(たとえフリだとしても)喜んで会ってくれる女の子も珍しくありません。その1回目の食事では、ケチケチせずに太っ腹なところを見せておきましょう。誤解しないでほしいのは、ただ「お金をばらまくこと」が大事なのではありません。「器の大きさ」をそれとなく見せることが重要なのです。2回目も同じようなデートを繰り返し、大切なの3回目です。まず女の子の出勤まえに一緒に食事を終えて、一緒に店に向かいます。いわゆる「同伴」というやつですね。その時に「今日はアフターも一緒にいたいな。待ってるから」と伝えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です