カテゴリー: 未分類

女の子にとってあなたがどんな存在なのか見極める

ケチケチせずに太客になったほうが楽しく遊べる

「風俗嬢とただの客の関係で終わっても良い」と考えている人には関係ない話ですが、さらに踏み込んだ方が新たな楽しみ方を見つけることができます。 その一線を超える1つのが「あなたはお店にとってどういう存在なのか」です。  慣れてきたのであれば、自分がそのお店でそこそこの「太客」である事をお店に知らしめる必要があります。 「太客」とは、そこそこもしくはそれ以上のお金を払ってくれるお客様のことです。お店の裏では、誰がどれだけのお金を払ってくれているかのランキングの様なリストを作っているところが最近増えてきています。 太客になれる基準はお店によってよりけりですが、逆にケチケチした遊びをするお客のことを「細客」という部類に入れられてしまいます。吉原の風俗で遊んでみませんか。

細客という認識をされてしまった以上、サービスは最低限になってしまいます。  逆に、お金を払ってくれるランキング上位の方達はとてもお店側から重宝され、一層良いサービスを心がけてくれるようになります。怖いですね(笑)払うお金の量によってサービスが変わってくるのです。そこまで考えない人には良いのですが、楽しむポイントを増やすにはケチケチした遊びはよろしくないということです。

器の大きさを見せつける

風俗嬢と、お店の外で関係を持ちたい、と考える男性は多いでしょう。当然ですよね。しかし、風俗嬢にお店の外で会ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?それには先ほども申し上げたとおり、まず何よりもまずはお店や風俗嬢から「この人は太客だ」っと思ってもらわないことには始まりません。金払いが良く、器の大きいところを何度か見せていれば風俗嬢からも大事にしてもらえるでしょう。しかし、それだけで風俗嬢に「店外で会ってくれ」などと迫っては、「これだけ金を落としてるんだからタダでやらせろ」と言っているようなものです。風俗嬢といえど、みんな普通の女の子ですから、やはり仕事以外で男性に会うとなると、多少は好意を持っている人でないと会いたくないに決まっています。それには、風俗嬢を落とすための正しい会話術を駆使しなければなりません。それには、「からかう」と「褒める」、この2点に徹してください。

風俗嬢との「その後」狙いの客は嫌われる

風俗嬢の「お持ち帰り」は難しい?

「風俗にどんな楽しみを求めていますか?」と聞けば、そこそこ出てくる答えが「お持ち帰り」です。これは 初心者の皆さんには相当ハードルが高いですね。私はお持ち帰りを推奨するわけではありませんが、否定もしません。「風俗嬢とのお付き合いまでは求めていないけど、好かれてみたい。」 と思う方も結構いらっしゃるようですので、間違えないでほしいポイントをお伝えします。 私はこれまで、新規のお客さんが来店するのを何度か見ていますが、その中にはその日の帰り際になって

「この後別のお店にいかない?」

とか、

「もっと話したいから今夜うち来ない?」

とか言い出すお客さんがいます。

本人は真剣なんでしょうが、第三者から見るともう自爆しています(笑)まず、 一発目から付き合ってとか言わない方が女の子としては安心します。 身構えなくて済むので、純粋に楽しむことができます。 しょっぱなから持ち帰りたい宣言はしないようにしましょう。

また、風俗店に遊びに行くときにスマートに遊ぶためのポイントがあります。まず絶対に清潔感は維持してください。 長時間のコースをとれば女の子に喜ばれるかもと思っていても、その客が不潔だったらその長時間コースは女の子にとって地獄になります。 風俗業界の女の子達も毎日色々な男性と会ってきてるので、お持ち帰りしたいとなれば相当レベルが高く無いと無理でしょう魅力だけで勝負するのであれば、おそらく相当な有名人や人気のある人でないと難しいでしょう。そこまでの魅力を持ち合わせている自信はないけれど、お持ち帰りをしてみたいのであれば、少なくとも金をつぎ込まないといけません。女の子が風俗業界に入る理由は9割がお金目的、つまり稼ぎたいと言うことです。 要はお金をつぎ込んでくれる男性をそのうち魅力的に感じてしまうと言うことです。このお金抜きで初っ端から持ち帰り宣言できるのは、遊び慣れしているベテランの人でなければ、よっぽどチャレンジャーです(笑) 初心者ではこの行為はとてもリスクがあるので、最低限でもお金をつまないといけませんよ!錦糸町の風俗にでも行ってみましょう。

風俗嬢の警戒心をほどく

さらに、会話で風俗嬢の警戒心をほどき、リラックスしてもらわないとお持ち帰りなんてできません。それには何よりもまず、会話で心の距離を縮めるしかありません。先ほど「からかう」と「褒める」この2点を大事にしてくださいと言いましたが、それは例えば

男性客「あれ、口元になんかついてるよ?」
風俗嬢「えっ嘘!どこどこ?」
男性客「嘘だよ。クールかと思ってたけど、慌ててるとこ可愛いと思っちゃったよ。」

といった会話です。

会話の主軸がお客に気を使って話しかけていた風俗嬢から男性客に移るので、風俗嬢の警戒心をほどくことができます。そして最後の「可愛いね」のフォローを忘れずに行えば、風俗嬢の警戒心も解け好感を持ってもらえるでしょう。

風俗店で遊ぶときに気を付けるべき下ネタ選び~その2

重要なのは下ネタを発言するタイミング

前回、「下ネタは一言でその人を身ぐるみすべて剥いでしまうようなもの」とお伝えしましたが、その続きです。

下ネタは自分自身を暴いてしまっているようなものです。 自ら防御を外して攻めるわけなのですが、ネタがありすぎると逆に困ることもありま す。自分がヤッた時の経験から生まれる下ネタってたくさんあると思います。しかし そこであまりにも軽率な発言をしていると女性にドン引きされてしまいます。たとえば実際に私が聞いたことのある話題なのですが 「元カノとやった時のマンコのゆるさ」とかそんなどうでもよい話は絶対にやめましょう(笑)一見、その場のノリに合わせて笑ったり相槌を打ってくれる女の子はいるかもしれませんが、表情には出ていないが実はドン引きされていたということはしょっちゅうあるそうです。

また、初心者にとってハードルが高いかもしれませんが、下ネタを発言するタイミングというのもかなり重要です。 いくら夜のお店とはいえ、初めて口をきいたのにいきなり下ネタが飛び出してきた、なんて最悪の印象です。 はじめましての段階ではまだ女性は心を開いていないので、お酒を飲み始めてお互い話しやすくなってきた段階がベストです。 まだ全然固い挨拶の段階で下ネタしか話さない人を見ていると、なんだかかわいそうな感じがします(笑)「ネタがなくて困っているときには下ネタ出せばなんとかなるという思考の人は大したことない男性ですよね。」とズバリ言い切った風俗嬢もいますwwつまり、口下手な人ほど、持ちネタを気にしたり会話の切り口を探すのに必死すぎるあまり、下ネタをまっさきに召喚してしまうものなのでしょう。しかし、会話の切り口に使うのはあまり良くありません。下ネタは雰囲気をまず盛り上げるもののために使うのではなく、「盛り上がっている雰囲気をさらに盛り上げる用途で使う」のがさわやかな下ネタです。

下ネタの内容で人柄を見極められている

女性に好きな男性のタイプを聞くと、無難だからなのか本心からなのかは謎ですが、「優しい人」と答えてくることが多いですよね。だから「女の子には優しくなろうと努力している」という男性も多いでしょう。でも、その優しさは見返りや利益を求めた優しさではないか、自己満足になっていないか、と問われるとどうでしょう。下ネタひとつとっても、会話の端々からその優しさは誰のためのものなのか、女の子は鋭く観察しているのです。

風俗店で遊ぶときに気を付けるべき下ネタ選び

さわやかな下ネタとうっとうしい下ネタ

デリヘルやソープに行くと、女の子との話題を作るため、そして何よりその場の雰囲気を盛り上げるために普段は口にしないような人も思わず下ネタを言い出すことがあると思います。 下ネタにも種類があり、「さわやかな下ネタ」と「うっとうしい下ネタ」の二つがあります。ちなみに僕の経験上、さわやかに下ネタが言えるかどうかでその人の性格はだいぶわかります(笑)女性を前に下ネタを言うと、乗ってくれる場合と引かれてしまうときがあります。たいていの女性はさわやかな下ネタなら乗ってくれるのですが、 うっとうしい下ネタには誰もノッてきてはくれません。なにより、その下ネタを発した瞬間でその人がどんな人なのかがバレてしまいます。下ネタは一言でその人を身ぐるみすべて剥いでしまうようなものなので、慎重に発していきたいところです。

初心者の方ですと、下ネタを言うことに対して恥ずかしく感じることがよくあります。 特に、女性経験がなかったり他人と話すことが苦手な方に多いですね。そんな人は、 恥ずかしくなってしまうようならば無理して言わない方が賢明です。 恥ずかしがってしまうと聞いている方も恥ずかしい雰囲気になりますし、フォローする方もかなり大変なので、恥ずかしがるくらいなら言わないようにしましょう。笑いにならないのであれば無理して下ネタを話す必要はありません。

だからといって、下ネタを話すなということではありません。男性も女性も少なからずエッチなことを話すのは嫌いではありません。下ネタを軽く言い合うことでなんだか少しお互い話しやすくなりませんか?初対面では切り出しにくいですが、ちょっと下ネタを吹っかけたら少し話しやすくなったみたいな経験ってありますよね。うっとうしい下ネタとさわやかな下ネタの線引きの仕方は、女性にとって「恥ずかしいけれど答えられるかどうか」といったところでしょうか。さりげないのが一番です。話の中でスムーズに進めるくらいが良いですね。

イヤイヤでなく、喜んで誘いにのってもらうには

お水の仕事や風俗の仕事が長い女の子は、お店の外で会いたいと誘えば、1回は(たとえフリだとしても)喜んで会ってくれる女の子も珍しくありません。その1回目の食事では、ケチケチせずに太っ腹なところを見せておきましょう。誤解しないでほしいのは、ただ「お金をばらまくこと」が大事なのではありません。「器の大きさ」をそれとなく見せることが重要なのです。2回目も同じようなデートを繰り返し、大切なの3回目です。まず女の子の出勤まえに一緒に食事を終えて、一緒に店に向かいます。いわゆる「同伴」というやつですね。その時に「今日はアフターも一緒にいたいな。待ってるから」と伝えてください。